スポンサーサイト

    --/--/--(--) --:--
    スポンサー広告

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Page up▲

    About me

    2012/02/22(Wed) 22:22
    お知らせ

    当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。
    詩の追加は、この下の記事から更新されるようになっています。

    この記事の続きは、↓から

    (.. Read more)

    スポンサーサイト

    Comments(7)

    Page up▲

    意味を知ったところで。

    2011/08/27(Sat) 17:06
    屑の気持ち

    「悲しい」を知っているか
    どんな感情をも一瞬で変えてしまえるような
    どこにもぶつけられない消化を待つだけの事故
    触れられない、忘れることの出来ない事件のことさ

    「儚い」を知っているか
    一度はうまく行ったように見える飛行物体が
    大きな大きな力にねじ伏せられるだけの現象
    失なっていくのを、ただ指をくわえるだけの作業さ

    「虚しい」を知っているか
    何か大事なモノがあったかもしれない空間に
    覗き込めば狂ってしまいそうになる未来の闇
    始めから空っぽなら救われた、パンドラの箱さ

    意味も知らずに、ただ大げさに今を伝えようとする
    その無意味さも知らず、恥ずかしい可笑しな奴だ
    独りが苦痛だから、空を見上げただけのこと
    それが
    「悲しい」ってこと
    「儚い」ってこと
    「虚しい」ってこと      わかってる?


    「寂しい」の意味を知っているかい
    誰かに寄り添いたいけど、誰もいないんだ
    それを埋めてくれる人を短期的に募集してる
    どんな感情を振り回した後にも、いつもこうやって

    「寂しい」だけが寄り添ってきてしまう。

    テーマ:
    ジャンル: 小説・文学

    trackBack(3) | Comments(2)

    Page up▲

    瞼の裏の夜空

    2011/03/31(Thu) 22:36
    色恋沙汰

    星のない夜の影寂しくはない
    瞬く六等星に街灯は無情に明るい
    手にした幸せが物足りない積み重ね
    出来れば強欲な私に星の降る夜空を
    私の幸せになる準備はいいかい?

    あらすじは読み飽きたのに
    本編は私ががむしゃらに描いてきた
    そんな本のタイトルが、あなたの名前
    星占いを信じるように単純じゃないから
    いっそ気持ちよく、縦に破り咲いた

    目を開ければあなたのすぐそばに
    私が居て、私が居て、私が居た
    目を閉じればまぶたの裏の裏に
    あなたが来て、あなたが居て、あなたからシテ

    星のない夜にも寂しくないように
    夜空を背に眩しいくらいの
    私の幸せになって欲しいの

    テーマ: 恋愛詩
    ジャンル: 小説・文学

    trackBack(2) | Comments(1)

    Page up▲

    おやすみが言えない

    2011/03/29(Tue) 23:42
    色恋沙汰

    あなたの好きな人って誰ですか
    毎日そばにいなくて悲しむあなた
    寂しさを埋めることの虚しさは
    僕に慰めの時間が来ないことを
    教えてくれているのでしょうか

    人は誰しも人を愛し人を守るものです
    けれどこんなに人を好きになることも
    僕の中で大きくなっていこうが
    きっとあなたには伝わることはない
    肩を抱こうとする手が震えるだけ

    涙なんて流れない、ただ耐えるだけ
    それがきっと叶うのだとして
    今はあなたを好きでいる気持ちが
    ふと、目の前が明るくなるのです

    涙なんて見せない、背を見せるだけ
    背中越しに手を振る仕草
    僕と分かれてあなたの背中見つめても
    すっと、顔が上を向くだけなのです

    今、あなたの大切な人のこと考えてます
    多分同じ人を思い浮かべているでしょう
    いつか考えることが違うときが来るなら
    互いのこと思って、おやすみ言うからね

    テーマ: 恋愛詩
    ジャンル: 小説・文学

    trackBack(2) | Comments(0)

    Page up▲

    あいの無知

    2011/03/27(Sun) 23:47
    色恋沙汰

    知りません、私は知りません
    あの日、私が言ったセリフ
    あの時、君が抱きしめるフリ
    頬を染める暗がりの出来事
    口の緩む至近距離で君の乱

    決壊してゆく想いのゴミ箱を
    私はずっと拾い集め燃やしてた
    なだれ込む感情に染められたり
    拒む権利を拒んで逃げてきた
    浮かれる私が怖くて怯えていた

    今日、過去は現実につながり
    全ての糸くずが赤く染まる
    好きな人に送る一つだけの言の葉

    君は今何を考えていますか
    私は知りません、知りません
    聴いて欲しいな、私の思考

    (.. Read more)


    テーマ: 恋愛詩
    ジャンル: 小説・文学

    trackBack(0) | Comments(0)

    Page up▲

    Calendar
    01 | 2017/03 | 02

    sun

    mon

    tue

    wed

    thu

    fri

    sat

    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    Page up▲

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。